企業での信頼を得られるビジネス文書検定とは

就職や転職に有利?ビジネス文書検定とは?

ビジネス文書検定の基礎知識

ビジネス文書検定は、ビジネスシーンで使用される社内文書や社外文書、報告書などの作成スキルを測るための検定資格です。 業種を問わず活用できる機会の多いスキルで、転職や就職でも履歴書に書ける資格であるため特徴やメリットについてしっかりと把握しておきましょう。

知っておきたいビジネス文書検定とメリットについて

ビジネス文書検定とは、公益財団法人である実務技能検定協会が執り行っている民間の検定試験のうちの一つです。
ビジネス文書実務検定という似た名前の検定試験もありますが、こちらは全商が主催する高校生向けの検定なので混同しないように注意してください。
ビジネス文書検定では、ビジネスシーンで必要な礼状や報告書、電子メールなどで使われる文書に関する総合的な技能や知識の有無を測り、難易度別に1級から3級までの級分けがなされています。
ビジネスにおいて文書は必要不可欠ですので、業種を選ばない資格です。
主にビジネス文書検定では、用字や用語が正しく使えているか、正確で解りやすい文章や礼儀正しい文章を書区能力があるか、報告書や案内状のような実務的な文書を作成できるか、などが問われます。
社内文書や社外文書およびビジネスマナーに則った社交文書を作成するスキルやそれらの取り扱いについての知識を認定する検定試験なので、おおよそどのような場合にも活用することができるでしょう。
ですので、就職や転職の際には取っておいて損のない資格と言えます。
取得難易度も比較的低く、1級は35%、2級は65%、3級は合格率80%ほどなのでとりあえず他に取得したい資格がなければ取っておくのも手です。
ただ、3級はちゃんと受ければほぼ受かるほどの合格率なので資格として差別化を計りたいのであれば2級以上の取得をお勧めします。
また、専門的な知識が問われるわけではないので、他の資格と併用して取得した方がより有効に働く場面が多くなるでしょう。




重要!ビジネス文書検定の試験について

ビジネス文書検定は、1級、2級、3級にランク分けがされており、年に二回開催されます。 問題の内容としては表記技能、表現技能、実務技能の3種類に分かれており、それぞれの項目で60%以上の正答率が必要です。 基本的にこれらの項目は全ての級で共通ですが、1級では添削や文書の作成問題があるので注意してください。

ビジネス文書検定の勉強法と資格をより生かすために

ビジネス文書検定は比較的短期間で取れる資格であり、しかるべき方法で勉強すれば一発で合格することも十分に可能です。 そうやってビジネス文書検定資格をすぐに取得できたのであれば別の資格にも目を向ける余裕ができ、ビジネスマンとしての更なるレベルアップが望めるでしょう。