就職や転職に有利?ビジネス文書検定とは?

>

ビジネス文書検定の基礎知識

ビジネス文書検定で身につくスキル

ビジネス文書検定で身につけることができるスキルとして、まずビジネス的に正しい書式とマナーに基づいた文書を作成できる技能と知識が挙げられます。
実務的には、報告書や案内状、礼状といった書類や各種データを使った数値グラフの作成です。
また、ビジネス文書検定では、それぞれの級についてどの程度のスキルレベルにあるかの目安が示されていますので参考にすると良いでしょう。
1級は文書作成に関する知識とスキルが身についており、他者に対して適切な指導ができるレベル、2級は文書作成に関する知識とスキル全般に対する理解があり、単独で文書作成できるレベル、3級は文書作成に関する知識と技能の基本が身についていて、上司などの指示を適切に理解して文書作成ができるレベルとなっています。

ビジネス文書検定資格を取得するメリット

ビジネス文書検定資格を取得する主なメリットとしては、およそどんな業種であっても使いどころがある点でしょう。
どの会社でもビジネス文書検定に近い内容の教育や研修で行っているので、それらを先取りして学習することで最初の一歩をスムーズに踏み出せる点にあります。
慣れない環境では、最初の一歩が大きく今後を左右することは珍しくないので、大きなアドバンデージを持ってスタートできるのは見逃せない強みでしょう。
また、就職や転職を考えているのなら、2級以上は有効な資格として履歴書に書けるのも大きいです。
ビジネス文書検定は専門的な資格ではありませんが、就職および転職、就業の初期段階において選択肢や余裕を持つために有効な資格と言えるでしょう。


この記事をシェアする