就職や転職に有利?ビジネス文書検定とは?

>

重要!ビジネス文書検定の試験について

ビジネス文書検定の試験概要

ビジネス文書検定の試験は、6月下旬頃と11月下旬頃の年に二回行われています。
願書申込み受付期間は、それぞれ4月上旬~5月下旬頃までと9月上旬~10月下旬頃までで、試験を受ける場合はこの期間中に願書を提出して下さい。ネットでの申し込みも受け付けています。
受験地は北から、札幌、仙台、成田、東京、横浜、上越、金沢、松本、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡、熊本、那覇で、それぞれの会場にて試験を受けることができます。
受験料は1級で5800円、2級で4100円、3級で2800円になります。
また、併願も可能であり、1級と2級の併願なら9900円、2級と3級併願ならば6900円で同時に受験できますので一度に二つの試験を受けたいのであれば考慮に入れてもいいでしょう。

ビジネス文書検定の試験内容

ビジネス文書検定の試験の内容は主に三つに分類され、基本的な項目は各級共通になっています。
一つ目は、総合、用字、用語、書式といった表記技能、二つ目は、正確な文章、分かりやすい文章、礼儀正しい文章といった表現技能、三つめは、社内および社外文書、それらの取扱い(1級のみ添削問題有り)といった実務技能の三項目の能力が問われます。
また、ビジネスで使う文書ですので単に文章の作成スキルや知識だけでなく、数字をグラフ化するスキルや知識も問われるので留意しておいてください。
試験時間は1級が140分、2級が130分、3級が120分で、2級と3級は選択問題のみ、1級は選択問題に加えて、ビジネス文書を実際に作成する実技問題が出されます。
合格ラインは各項目につき60%以上の正答率が必要です。


この記事をシェアする