就職や転職に有利?ビジネス文書検定とは?

>

ビジネス文書検定の勉強法と資格をより生かすために

ビジネス文書検定の勉強法

ビジネス文書検定は、ほぼ独学で勉強することが前提となっています。
だいたい1か月間の勉強で取得可能と言われており、短期間で履歴書に書ける資格を取ることができるのも大きなメリットと言えるでしょう。
おススメの勉強法としては、ビジネス文書検定を主催する実務技能検定協会が出版する公式テキストと問題集を使うことが挙げられます。
ビジネス文書は基本的に定型とその応用なので、とにかく使用される定型の文章とその適切な使い方について頭に叩きこんでください。
また、問題文の書き方が少し特殊なので、まずはより多くの過去問や問題集に目を通してなるべく問題に慣れる必要があります。
2級、3級であれば上記の方法を徹底すればまず取れるはずです。
1級に関しては更に実務で使うビジネス文書の作成と添削があるので、各用途ごとに幾つかの模範例を探し出し、それらを参考に実際に作成してみて感覚をつかむと良いでしょう。

合わせて取っておきたい資格

ビジネス文書検定は業種を選ばない資格ですが、やはり基礎的な技能なので他の資格と組み合わせた方がより有用に働きます。
例えば、ビジネス文書だけでなく社会生活で必要な文章スキル全般に関する資格である文章読解・作成能力検定やで文章に文章方面関する能力を伸ばしたり、社外・社内文書を作成する機会が多くビジネスマナーの知識が要求される秘書検定資格でビジネスにおける対応スキルを磨いたりするなど、文章方面やマナー方面の資格へのステップアップしていくのがおススメです。
また、少し変わった資格として、紙媒体の文書を電子媒体に変換したり電子文書の保存や管理したりするスキルを持つ資格である文書情報管理士も現代のニーズと合致しており一考の余地があるでしょう。


この記事をシェアする